事業内容 Description of business

日本の食は文化的遺産である。現代の日本ほど多様な食文化を誇る国はない。
和食に加え、各国料理、そして独自のカテゴリーを作り出してきた日本の食文化。

その基盤を強固にし、育み、発信することを目的として食文化の振興に寄与するため、AJFAは活動を行う。
食文化の担い手である料理人を中心とし、日本国内で食に関連する職業に従事する人たちの交流を図り、既存の業種、業界を超えて、新たにジャンル・地域的に横断的かつ縦断的につなぐ日本初の学会組織として事業を実施する。

そして和食の世界遺産登録と、登録後の保護啓蒙活動にも取り組み、また当学会の有する
キッチンカーと、人的資源である料理人の力を最大限に発揮し、国内での被災地復興支援活動も積極的に実施する。

学会の活動は主に、研究活動、交流活動、発信活動の三本柱に分けられる。

研究活動

食についての知識を探求し、啓蒙と意識改革を継続的に行う。

  • 技術的研究活動
  • 文化的研究活動
  • 科学的研究活動
  • 素材的研究活動

交流活動

分野や立場の異なる人々が交流することにより、知識と関係性を深める。

食サミットの開催
料理人の研究と交流活動を推進し、コミュニケーションをはかるため、定期的に専門分野でのテーマを取りあげたサミットを行う。各分野からの料理デモンストレーション、プレゼンテーションとディスカッションにより、技術の交換と伝達、研究課題の提議を行う。
海外交流
海外のシェフを招聘しての異文化、異分野の料理人との交流や、各店舗での見習いの受け入れ招聘を行う。
食関連職業授業者との交流
商品開発や、企業イベントへの料理人の参画やグローバルな視点での国内外事業に対する、各ジャンルのシェフからの情報提供、協力を行う。また、東日本被災地復興支援活動として、東北の経済的な支援を目的に、料理人による現地食材を使った商品開発を実施。
キッチンカーによるイベント
当学会保有のキッチン設備を装備したトラックを使用し、食イベントを実施。また東北の地域食材啓蒙のためのイベントや復興イベントを行う。

発信活動

研究や交流した成果を発信することで社会のための活動を行う。

  • 国内外への発信事業
  • 食文化保護啓蒙活動
  • ITを活用した情報発信
  • 食育事業(子供のための食育事業として、日本全国の学校で食を体験する活動を行う。)
  • 被災地復興支援活動