AJFA 全日本・食学会 ALL JAPAN FOOD ASSOCIATION

シェフと伝える持続型畜産確立事業

シェフと伝える持続型畜産確立事業

全日本・食学会は、アニマルウェルフェア、環境負荷(脱炭素社会)、低エネルギー、自給率向上等などに配慮した持続型畜産を試みる生産者・食品工房の活動を、トップシェフによるメニュー提案・試食会などを通して発信して消費者等の認知を深め、食のグローバル化の中での国産畜産物の付加価値を創造する事業に取り組んでいます。
(同時に、被災地支援活動も行っております。)

事業概要

事業概要
事業概要

持続型畜産事業を維持するためには、シェフや消費者がこれらの取組を積極的に支援するプログラムが必要です。
この私たちが提案するプログラム── それがCCSA(Chef & Community Supported Agriculture)です。

調査リスト

調査リスト
調査地区 経営体 HP 所在地 経営体の特徴 品目 品目の特徴
北海道・
十勝地方
坂根牧場 広尾郡
大樹町
放牧、AW チーズ 放牧、AW、こだわりの牛乳を使ったチーズ
橋本牧場 上川郡
清水町
放牧、AW バター・アイスクリーム ブラウンスイス種放牧、アイスクリームとグラスフェッドバターの製造
内海牧場 河東郡
鹿追町
無配合飼料、AW 雑種牛肉、シェルキュトリ 雑種、長期肥育
十勝しんむら牧場 河東郡
鹿追町
放牧、AW 放牧豚肉(山森野豚) 放牧肥育、1歳以上で出荷
宮崎県
東臼杵地区
西都・
児湯地区
ゲシュマック 児湯郡
川南町
生産・加工・販売一貫経営、六次産業化 シャルキュトリ 動物性たんぱく質、トウモロコシ不使用のマイロ、大麦、地元の精白米を使った独自の配合飼料を与えた「あじ豚」
鏡山牧場 延岡市 放牧、AW、経産牛、EF 黒毛和牛放牧経産牛肉 経産牛、放牧
ミート工房拓味 西都市 経産牛、AW、EF 都萬牛 経産牛、配合飼料源
宮崎ひでじビール 延岡市 循環型、地元原料 ひでじビール ビール粕を鏡山牧場に提供
県内材料を使用したビール
広島 広島大学 東広島市 大学ベンチャー、日本鶏 広大鶏(朱・黒・金) 日本鶏を素材にした改良
二本松牧場 三次市 放牧、品種、AW、無配合飼料 ジャージー放牧牛肉 シェフ牛の実践
三良坂フロマージュ 三次市 放牧、品種、AW、無配合飼料 チーズ 放牧牛乳(ヤギ乳)利用、地元の素材を活用
前ファーム 北広島市 羊、放牧、AW ラム・ホゲット 西日本で貴重なフレッシュ羊肉、放牧・粗飼料
ルミノ牧場 三原市 品種(ジャー黒) 牛肉 ジャー黒(ジャージー×黒毛和牛)の生産販売
京都
兵庫
竹とり 京都市
亀岡市
品種、平飼い,AW 七谷鴨・七谷地鶏 平飼いによるゆとり飼育
丹後ジャージー牧場 京丹後市 品種(ジャージー種) ジャージー乳製品 自家産生乳の乳製品
岸本畜産 京都府
船井郡
京丹後町
品種(デュロック)、EF 京丹波ぽーく デュロック純粋
田中畜産 兵庫県
美方郡
香美町
品種(黒毛和牛) 牛肉 黒毛和種の繁殖、経産牛の放牧肥育
沖縄 もとぶ畜産 国頭郡
本部町
EF もとぶ牛 粕類利用の循環型
高田農場 国頭郡
今帰仁村
品種(島豚純血種)、AW 今帰仁アグー 島豚の再生
高田農場 国頭郡
今帰仁村
品種(琉球古地鶏)、AW、放し飼い 琉球古地鶏 放し飼いによる在来種鶏復活
文三牧場 うるま市 品種(黒毛和牛) 現状は肉用牛繁殖経営
The Cheese Guy in Okinawa 南城市 沖縄産素材 チーズ 南国沖縄でチーズに挑戦

2020年被災地支援活動

2020年被災地支援活動
調査の目的

【調査の目的】

シェフと支える持続型畜産確立事業のうち、「被災地支援型」は、最近、台風など自然災害で大きな被害を受けた市町村の復旧復興を、食の面から支えようとするもので、キッチンカーによる炊き出し支援ではなく、被災地の農畜産物を中心に、地域の産品も加えたレシピを作成し、試食会を開催し、そのレシピを公開・広報することで、被災地住民と農業者を元気づけ、復興の長い道のりをシェフがともに支えていくことを目的としています。

【調査対象】

2019年10月12日に発生した台風19号により、大きな被害のあった宮城県丸森町

調査を実施した農業経営体

【調査を実施した農業経営体】

大槻ファーム(養豚業)

ホームページへ

大張沢尻棚田(和牛繁殖・稲作)

ホームページへ

石塚養蜂園(養蜂業)

ホームページへ

2019年10月12日に発生した台風第19号は宮城県に大きな被害をもたらしました。
なかでも県南部の丸森町は、死者10人、行方不明者1人と自治体単位では全国最多の犠牲者を出しました。
大雨による阿武隈川支流の氾濫・堤防決壊による「浸水被害」「土砂崩れ」「土石流被害」の3形態の被害が発生し、家屋被害は全壊111棟、半壊868棟にのぼり、174世帯が仮設住宅に、95世帯が「みなし仮設」として民間の賃貸住宅に避難し、現在でも多くの住民が仮設住宅で暮らしています。
阿武隈急行鉄道、道路などの交通インフラのほか、畜産関連では、粗飼料となる牧草や収穫前の稲わらの流出、農畜産用地、林地、施設の被害が重大で、丸森町役場と住民が一丸となって、復旧・復興を進めているところです。

調査レポート

調査レポート

下記より各調査レポートを
ダウンロードいただけます

北海道・十勝地方
広島
京都・兵庫
宮城県丸森町
宮崎県東臼杵地区西都・児湯地区
沖縄