全日本・食学会 ALL JAPAN FOOD ASSOCIATION


      
【開催日】
2015年11月19日(木) 《実施レポート》
【開催場所】
大阪・難波「串カツさくら」


今回は大阪・難波にある「串カツさくら」で開催! テレビ等、メディアでもよく聞く、いわゆる「2度漬け禁止」のお店です。

大阪は毎回、初参加の方が何名もおられます。この日も8名の方が初参加でした。

そのため乾杯をしたら、まずは簡単に自己紹介。

「このやりとりも大阪ならではだね」

とは、東京・京都と開催3ヶ所すべてに参加したことのある、松原龍司理事(龍旗信)のお言葉。


場が落ち着いてくると、自然と関心は料理に向かっていきます。

「うちの衣は米粉を使っています」

と店主の村上弘光さん。米粉のほうが油きりがよく、歯ごたえもよいのだそう。

食べてみると衣がしつこくなく、タレはもちろん、白しょう油がよく合う串カツでした。

木田武史理事(釜たけうどん)からは、11月8日(日)に行われた《第2回 全日本・食サミット》の話が。

「今回は“江戸前”がテーマということで、会場が東京、講師陣も関東の方が多かったです。食文化の成り立ち方が関西とは違うので、とても勉強になるサミットでした。

皆さんもぜひ次回は参加していただいて、今日の情報交換会もそうですが、自分の料理ジャンル以外の知識もどんどん吸収していっていただきたいです。全日本・食学会ならではのことだと思います」

とのこと。


12月は京都と合同での開催なので、大阪での開催はこの日が今年ラストでした。

最後に集合写真を撮り、会は終了しました。