全日本・食学会 ALL JAPAN FOOD ASSOCIATION


      
【開催日】
2013年8月9日 開催
【開催場所】
京都新風館、リーガロイヤルNCB

<イベント概要>

場 所: 新風館 広場

日 程: 2013年8月9日(金)~10日(土)

時 間: 9日(金)11:00~19:00、10日(土)11:00~売り切れまで

内 容: 京都焼肉「梅しん」が会津産山塩を使って調理した冷麺をキッチンカーで販売。

食 数: 2日間で300食


<説明会・交流会概要>

場 所: リーガロイヤルNCB 松の間

日 程: 2013年8月9日(金)

時 間: 18:00~20:00

内 容:  関西の著名シェフが、福島の食材を使った料理を提供。

また、その一品が今後の福島県の食材をアピールする際に役立つよう、レシピを福島県に贈ります。

食 数:  120食。来場者約100名。

参加理事:村田吉弘理事(京都 菊乃井) 山根大助理事(ポンテベッキオ)


<ノート>

八重の桜をきっかけに古くからの関西×福島県のつながりを意識させ、また、たくさんのふくしまを体験し、発見し、納得して、「行ってみよう」を増幅させるため、関西・福島交流フェアが開催されました。両日ともに38度を超える猛暑日となり、イベント入場者が少ないと予想されていました。しかし京都焼肉「梅しん」の冷麺には山塩を使っただしで作った氷が入っており、涼を求める来場者に評判を呼び、2日目の16時ごろに完売いたしました。

また、別会場で行われました交流会では、村田理事と山根理事が参加いたしました。本イベントに関して、山根理事は「福島の桃を使ったメニューを考案した時に、福島の食材にはまだ風評被害があるようですが、本当にいいものが多いと感じました。もっと福島の食材の安心・安全を広める活動を今後もしていきたいと思います」とコメントしました。


<提供レシピメニュー>

村田吉弘理事

冷やしトマトバジルうどん

山根大助理事

桃の絶妙コンポート プラムのサンセットスープとシャンパンのソルベ添え