全日本・食学会 ALL JAPAN FOOD ASSOCIATION


      
【開催日】
2013年10月21日、23日 開催
【開催場所】
(大阪)グランフロント ナレッジシアター (東京)中目黒中小企業センターホール

第1回東西シンポジウム 『うま味はスイーツを変えるか?』


<開催概要>

日 程:10月21日(月)大阪・23日(水)東京

時 間:14:30~16:30(受付は14:00~)

参加費:全日本・食学会会員/無料

一般/2,000円(振込)

大阪会場:グランフロント ナレッジシアター

東京会場:目黒区中小企業センターホール

※詳細チラシはこちら


<出演者>

コーディネーター:門上武司(全日本・食学会代表理事)


基調発言:村田吉弘(全日本・食学会団長/「菊乃井」)

`

基調講演:川崎寛也氏(農学博士・味の素株式会社イノベーション研究所)

パネリスト:フィリップ・コンティチーニ氏(「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」)

   大阪:小山 進氏(「パティシエ エス コヤマ」)

   佐々木 浩(全日本・食学会理事/「祇園さゝ木」)

   東京:寺井則彦氏(「エーグルドゥース」)

      成澤由浩氏(「NARISAWA」)


<ノート>

全日本・食学会初の主催イベント「東西シンポジウム~うま味はスイーツを変えるか?~」を開催いたしました。

本イベントの開催のきっかけは、村田吉弘団長(菊乃井)による仮説でした。

「日本料理は、うま味を中心に料理しているといっても過言ではありません。このうま味と、糖質、脂質の3つは、一度味を覚えれば病みつきになるおいしさの基です。おいしいと感じる料理は、ほとんどがこの3つの味をもたらす食材を利用したものです。そこで、仮説ですが、うま味を増やせば、糖質と脂質を減らしてもおいしく感じられるのではないか。こうした考えは、スイーツでも有効ではないかと、広げて考察してみたいと思ったのです。」と村田氏。

その考えに対して、科学的な根拠も交えて、味の素株式会社の川崎寛也氏に解説頂き、その後、パネラーの方々とディスカッションを行いました。

川崎氏の解説を聞き、今まで研究してきたスイーツに「うま味」を取り入れていたのだという気づきはパネラーの方々にとって、新しい発見となったようです。

※当日の様子は別途レポートにして、会員様に送付いたします。